© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:iregainmyself@gmail.com

​調布市下石原3-2-7

肩こり解消|かんしゃく玉|不調改善|ストレス解消|セッション

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

嚥下トレーニング

「のど上げ体操」とは?

「寝たきりゼロ」を目指し神戸記念病院の耳鼻咽喉科医師浦長瀬昌宏先生の考案したオリジナル体操です。

これまで無意識でおこなってきた「飲み込み(嚥下)」を意識的におこない「飲み込み力」を強化することを目的としています。
 

私たちは無意識に1日の間に飲み込む動作を700~800回もおこなっています。
無意識でおこなっていると、飲み込み力は強化されるどころか日々低下していきます。

「飲み込み力の低下」で起こる誤嚥。

「のど上げ体操」で飲み込む動作を再現し、その動きを強化するトレーニングを行います。まずは「飲み込み(嚥下)」の仕組みを正しく理解することから始め、意識的に飲み込む動作をできるようにし、嚥下に関わる筋肉(ごっくん筋)に負荷をかけます。
 

この手順でしっかりと飲み込める「のど」を作っていきます。この動作ができるようになれば、将来の誤嚥性肺炎や窒息事故をおこす確率を下げることができます。

また、「飲み込み力」が衰えておこる

「食事中むせやすい」

「のどに唾液がたまりやすい」

「寝ている時せきこむ」

などといった症状の改善も期待できます。

どんなことをするの?

まず、ご自身の飲み込みの状態がどれくらいかをチェックします。

飲み込むとはカラダのどの部分を使いどういうことをしたら良いか、順にご説明と動作の練習をしていきます。最初はむずかしく感じますが、練習をしていくとできるようになっていきます。

最後を迎えるその時まで健康で元気に過ごしましょう!