あなたの生活が豊かになるためのアシストを!

『生活が豊かに』というとどういうイメージがあるでしょう。

一番イメージしやすいのはお金かもしれません。もちろんお金も大切ですし、豊かになるためには必要なものです。

ですがどんなに資産があっても、物質的に豊かでも、身体が痛かったりつらかったりすればそれは自身の人生から考えるとけっして豊かとは言えません。

『豊かな生活』と『健康』というのは、密接かつ必要不可欠なもの。

だからこそ日々の『健康貯金』を積み重ね、最期の時を迎えるまで【立って、歩いて、食べられる】という健康寿命を全うできてこそ生活が豊かであると言えるのではないでしょうか。

そのためのアシストをするための『りらっくすの森サロン』でありたいと考えています。

QOLを向上することにこだわる理由

​整形外科、マッサージ、整体などに行きたい!と思うときはどんな時でしょう。

・痛みを感じた時

・急激に痛みが悪化した時

・痛みが長引いている時・・・など

痛みをどうにか解消したい!そう思った時ではないのでしょうか。

長年痛みと闘っていた私の経験をお話ししたいと思います。

小学校低学年の時に家族の車に同乗していたのですが交通事故に合い、むち打ちに。

実家は北海道の山奥。一番近い町の病院でも車で20分、しかも整形外科などない内科の病院。

当時はそれが「むち打ち」であるということすらわからず適切な治療も受けませんでした。

後遺症はすぐに出ました。

授業中、挙手をしようとしても手が上がらない。

10数人1クラスしかない小さな学校でのこと。

先生も異変を感じていましたが原因がわからずそのままになりました。

当然、解決されず右肩はロックされた状態に。

 

その状態は大人になっても続きました。小学生の時の後遺症ですからそんな簡単ではないだろうと思いつつも病院を何軒も回りましたが、はっきりした原因はわかりませんでした。それ以上に痛みがなぜ起こるのか我々にはわからない、思い込みなんじゃないか?というような対応をされ、とてもつらかったことを覚えています。

 

そして「痛いんですが」というと、どこへ行ってもお約束のように痛み止めと湿布、電気療法、ストレッチなど対症療法ばかり。その他、整体、針など色々な所に行きました。ですが、その時は良くても数日すると痛みがぶり返す、根本の肩の可動域も全く変わらないという状況からは抜け出ることができませんでした。

ですが「いつかこんな痛みに対して魔法のような療法ができて動かせるだろう」くらいの軽い気持ちでいました。医療の世界は日進月歩なのだから、と。

 

そんな軽い気持ちでいられたのは動かすと激痛でしたが動かさなければ特に痛くなかったからです。

当時は子ども4人、大人3人分、計7人分の洗濯物を干すという日常動作すら困難でした。しかも利き手だったため日常使わないわけにはいかず1日に何度もくる痺れや痛みが苦痛で憂鬱になりました。

 

蛍光灯の取り替え、年末の大掃除、冷蔵庫の上の方の物の取り出しなど右腕を上げる動作、中でも一番つらかったのは子どもたちの運動会などの行事での写真や動画の撮影。カメラやビデオカメラの機材を目の位置まで持ち上げての撮影は激痛をこらえなくてはならず、リアルタイムの子どもたちのイキイキした姿を見ることは皆無に近い状態でした。

原因は何か?

どうしたらこの輪廻を抜け出ることができるのか?

 

ふと気がつくとそのことばかり考えるようになった20年位前のこと。

考えているくらいなら「自分でできることをして可動域を増やそう!」と、少しずつストレッチの本などを参考に腕を動かし始めました。参考にした本の著者が理学療法士さんだったこともあり信じて実践しました。初めは数ミリ動かしただけで激痛でした。それでも根気よく「痛くてもやる」を毎日繰り返しました。

ストレッチ前は腕を上げると痺れと痛みでなんとか頑張っても10秒が限界。

​それが現在は、腕をしばらく上げっぱなしでも痺れや痛みはほとんど感じません。

いまだに一部分は引っ掛かっているようなところはありますが、腕も真上近くまで上げられるようになり整形外科でも今のところ腱板等、問題がないと言われています。

 

そうなると痛みを感じずできることが増え生活自体が変わりました。

お一人お一人生活スタイルによって、生活習慣やよく動かす部位は違います。

痛みを感じることで行動制限され日々を過ごすのと、痛みを感じず生活するのとではのQOL(生活の質)が大きく変わります。

あなたにとって、大切にしたい行動はなんですか?

それを制限しているものがあれば、今からでも変えていきましょう!

スタッフ 大槻哲子

りらっくすの森西調布サロン代表

​プロフィール

北海道生まれ。

18歳で上京し販売の仕事を皮切りに、大手企業の事務や秘書業務、営業事務、販売、営業などの派遣業務を経験。

<ケアサロン開業のきっかけ>
2000年に大腸がんが見つかり(ステージⅡB)手術が成功し、5年後寛解したのですが、2011年東日本大震災の年、再び夫の肺にがんが見つかり(ステージⅢB)手術もできないことから、抗がん剤と放射線での治療を開始。自宅介護を視野に入れ介護の資格を取得し、介護にあたったのですが闘病一年で他界。


介護や育児で睡眠時間3時間前後という生活が10年以上続いていたこともあり、夫を看取った直後に全身がつるという激しい痛みを経験。頭痛や不眠、首こり腰痛や膝痛に悩み、身体だけでなく精神的にもつらい日々を過ごしていたこと、亡くなった夫が痛みを薬でしか対処できなかったことから『今すぐできるケア』や、緩和ケアを探すように。そして2016年、リンパケアと出会う。

 

そのリンパケアの技術を応用し、一匹の寝たきりのわんちゃんを施術して延命できたことから同年から『ペットと人のリンパケアセラピスト』としてペットと人への訪問施術を開始。

<かんしゃく玉の発見>

たくさんの施術経験から怒りや悲しみ、苦しみなどメンタルがカラダを疲弊させていることを感じるようになり、中学生のお子さんを施術させていただいた際、偶然お腹に塊のようなものを発見。ストレスのある方は大きさには差があれど必ず存在し、どこから「それ=かんしゃく玉(癇癪玉)」が現れて、どうやったら解消できるのかを試行錯誤。オリジナルの施術方法を確立。

セッションなどの経験が解消の糸口になっていたことから、通常施術の裏メニューとして無料提供していたが、ご利用者さまの抱えている問題やこれからの問題点が見えスッキリされるというので要望が多く【腹のかんしゃく玉解消セラピー】として正規メニューに変更し現在提供中。


腹のかんしゃく玉解消セラピーの他、メディセルという筋膜リリース機器を使用し、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、膝痛など痛みの強い人の駆け込み寺になっている。

DV、モラハラ、自身の病気や4人の子どもの育児、ステップファミリー、死別、家族の病気や介護など多岐にわたる経験による知識も豊富。

<資格等>
嚥下トレーニング協会認定講師
グリーフケア・アドバイザー
同行援護ガイドヘルパー
介護職員初任者研修

介護レクリエーション2級
ラジオ体操指導員
防災士
心理カウンセラー(初級)(日本アロマテラピー統合医学協会)
アートセラピスト(日本アロマテラピー統合医学協会)

© 2019 by relaxnomorisalon of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

お問い合わせ:iregainmyself@gmail.com

​調布市下石原3-2-7

肩こり解消|かんしゃく玉|不調改善|ストレス解消|セッション

メディセル

筋膜リリース機器