© 2019 by relaxnomorisalon of Site. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:iregainmyself@gmail.com

​調布市下石原3-2-7

肩こり解消|かんしゃく玉|不調改善|ストレス解消|セッション

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

りらっくすの森西調布サロンの

ホームページへようこそ!

​整形外科、マッサージ、整体などに行きたい!と思うときはどんな時でしょう。

「痛みがある時」「痛くなった時」「痛みが長引いている時」どうにか解消したい!、そう思った時ではないのでしょうか。

私もそのような経験があります。

私自身小学校低学年の時に家族の車に同乗していて交通事故にあい、むち打ちに。

実家は北海道の山奥。一番近い町の病院でも車で20分、しかも整形外科などない内科の病院。

当時はそれが「むち打ち」であるということすらわかりませんでした。

後遺症はすぐに出ました。

授業中、挙手をしようとしても手が上がらない。10数人1クラスしかない小さな学校でのこと、先生も異変を感じていましたが原因がカラダにあるなどとはわからずそのままになりました。

それが原因で右肩はロックされた状態に。

 

その状態は大人になっても続きました。小学生の時の後遺症ですからそんな簡単ではないだろうなぁ、と思いつつも病院を何軒も回りましたが、はっきりした原因はわかりませんでした。それ以上に痛みがなぜ起こるのか我々にはわからない、思い込みなんじゃないか?というような対応がとてもつらかったことを覚えています。

 

そして「痛いんですね」とお約束のように痛み止めと湿布、電気療法、ストレッチなど対症療法ばかり。その他、整体、針など色々な所に行きました。ですが、その時は良くても数日すると痛みがぶり返すという状況からは抜け出ることができませんでした。

「いつかこんな痛みに対して魔法のような療法ができて動かせるだろう」くらいの軽い気持ちでいました。医療の世界は日進月歩なのだから、と。そんな軽い気持ちでいられたのは動かすと激痛でしたが動かさなければ特に痛くなかったから。ですが腕、しかも右腕から肩の痛みですから日常使わないわけにはいかず1日に何度も痺れや激痛を我慢してきました。

 

原因は何か、どうしたらこの輪廻を抜け出ることができるのか・・・。気がつくとそのことばかり考えていました。

 

今から20年位前、考えているくらいなら「自分でできることをして可動域を増やそう!」と、少しずつストレッチの本などを参考に腕を動かし始めました。

そして今。

いまだに一部分は引っ掛かっているようなところはありますが、腕も真上近くまで上げられるようになりました。今のところ腱板等も支障がないと言われています。

 

そうなるとどうなるか。

 

生活自体が変わりました。以前は腕を上げると痺れと痛みで15秒ほどで下ろさなくてはなりませんでした。当時は子ども4人、大人3人分の洗濯物を干すという日常動作すら困難でした。今現在は、腕をしばらく上げっぱなしでも痺れや痛みはほとんど感じません。

行動はみなさんの生活スタイルによって変わりますし、動かす部位も個々違います。ですが、そのつらさを感じている原因が解消されると、私のようにのQOL(生活の質)が大きく変わるはずです。

あなたにとって、大切にしたい行動はなんですか?

それを制限しているものがあれば、今からでも変えていきましょう!

​当店は完全予約制です。

​ネットからのご予約は24時間可能。

(翌日のご予約は前日のお昼まで)

機能的なカラダになるよう

​全力でサポートいたします。

​オーナープロフィール

サロンの事はもちろん

色々な気になることを

​書いています。

Amebaブログ

ご返事をお返しするまで

少しお時間がかかります。

2日以上、返信がない場合は

​再度ご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ